コブクロ結成20周年・戎橋の思い出


僕が大道芸を始めた98年頃には、まだ大道芸のライセンス制度はほとんど無く、週末に大阪道頓堀の戎橋の上で大道芸をしていました。

ちょうど同じ時期にコブクロのお二人も戎橋の上でストリートライブをされていたので、よく大道芸の合間に眺めていました。

ざわざわとした橋の上で、マイクを使わず地声だけで行き交う人々の足を止めてしまう小渕さんと黒田さんの声量の凄さが今も印象に残っています。

デビュー曲のYELLを聞くと、大道芸を始めた頃のわくわく感と不安が入り混じったような気持ちが蘇ってくるので、コブクロの楽曲の中で一番好きな曲になっています。

大道芸を始めて20年経ちましたが、これからも初心を忘れないでパフォーマンスをしていきたいと思います。

写真は99年当時に戎橋で大道芸をしている時のものです(^^)